彼女たちの舞台
La Bande des quatre
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大きく武骨な、華やかさ。米倉涼子

米倉涼子は美しい。


去る2012年3月24日、銀座中央通りの歩行者天国で行われたファッションショー「銀座ランウェイ」のゲストモデルとして颯爽と登場。
当日は50名を超える大勢のショーモデルたちが出たのだが、米倉涼子が現れると会場の雰囲気は一変、大きく盛り上がった。

もちろん芸能人ゆえの人気というのはあるのだが、それだけではない、いわゆる「オーラ」というやつが彼女を包んでいた。

高い背丈、胸を張り背筋を伸ばし、力強い肩幅。大股で歩く姿、観衆に応えて挙げた手の動き、指先のしなやかさ。どれを取っても見られることに秀でた、一流のそれであった。

それだけでなく、ショーの最後には地元や震災被災地の子供たちと再登場するのだが、そこでは彼女の子供たちへの気遣い、優しさが垣間見えた。まあ、子供たちに意味も無く厳しい大人というのもあまりいないし、それは子供たちへの優しさではなく観衆やメディアへのポーズとするうがった見方もできなくはないが、私が見た限りそうではなかった。天真爛漫を発揮するワガママだらけの子供たちにキレることなく、普通の大人としての自然な優しさであったと思う。

ただ、私の目の節穴っぷりには定評があるけれど。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ブログ内検索



最近の記事



月別アーカイブ


リンク

このブログをリンクに追加する




プロフィール

結城瞬二

Author:結城瞬二
'90年代前半、立花満とのコンビでアイドルDUO「猟師」として人気を博す。
“狩人”の再来と期待され、『若者の詩』『自転車~チャリチャリ』『日曜日』などメガヒットを連発するが、'92年惜しまれつつも解散。以後ソロ活動の場をインターネット上に移し、数々の思い上がった発言が世を惑わす。


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。